ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

デービースVS岡本、ベテラン2人が好スタート

国内女子ツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の初日。この大会に94年から3年連続で優勝しているローラ・デービースが、3バーディ、ノーボギーの隙のないゴルフを見せた。

この試合で3週連続の日本滞在となるデービ-スは、初戦のマッチプレーは2回戦で敗退してしまったが、先週のミズノクラシックではA.ソレンスタムに次いで単独2位に入っている。好調を維持し、今大会4度目の優勝を狙っている。

<< 下に続く >>

そのデービースの米ツアーでのライバル、日本の岡本綾子も同じく3バーディで2位タイの好スタートを切った。往年のライバル対決が見られるか明日以降の2人に注目したい。

そして、この日バーディを7つ奪うチャージをかけたが、ボギーも3つ叩いた大場美智恵が4アンダーで単独首位となっている。今シーズン前半に2勝を上げた大場だが、その後はチャンスをモノにすることができず、賞金女王争いから脱落してしまった。逆転の大場が、初日から首位に立ち、逃げ切ることができるか、こちらも注目だ。

「今日はパッティングが、打てば入るかと思うぐらい良いイメージで打てました。雨でグリーンが重くなっているのが、しっかり打てるので好きです」

昨年のこの大会でプレーオフの末、具玉姫に敗れた不動裕理は、この日ボギーを4つ叩く苦しいゴルフで3オーバー44位と出遅れてしまった。先週は優勝争いに絡んでいたのだが、最終日にスコアを大きく崩してしまった。その後遺症が残っているのか、不動らしい粘りが見られなかった。この大会は不動にとって、プロ初優勝の思い出の大会でもある。明日以降の挽回に期待したい。

また、2アンダーの5位グループに、新人の魏ユン潔がつけている。今年9月にプロテストを1位で通過し、今シーズン8試合の出場権を得た。そして、現在まで6試合に出場し獲得賞金は600万円ほど。来季のシード権50位以内に入るには1000万円を突破しなければならないが、残る2試合でトップ3に入れば可能性も出てくる。女子ツアーも終盤となり、そろそろ来季のシード権争いが激しくなってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!