ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

プレッシャーに負けず山口裕子が初優勝

国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」の最終日。昨年プロ入りしたばかりの山口裕子が、出場試合25試合目で初優勝を果たした。

2日目に8アンダーで単独首位に立った山口は前半にスコアを2つ伸ばしたが、後半は15番でボギーを叩いた。この日スコアを伸ばした木村敏美高村亜紀が8アンダーで先にホールアウトしていたので、山口のリードは1打。しかし、山口は1新人とは思えぬ落ち着いたゴルフでパーセーブを繰り返した。

「うれしいのひと言。優勝するのは思ったより苦しいですね。最初は緊張しましたが、途中から気合いに変わりました。3日間パットが入っていたので、パターには自信があった」

昨年9月のプロテストに合格した山口は、今シーズンの予選会で前期の試合にフル出場できることになった。4月のカトキチクイーンズで3位に入るなど新人では最高の成績を上げてきた。そして、後期の出場資格も得ると、これまで全25試合にフル出場している。

同じ新人では呂暁娟が7月に行われたゴルフ5レディスで出場3試合目で初優勝。開幕戦から出場していた山口は、ステップアップツアー優勝資格でツアーに出場した呂に先を越されてしまった。「同期はみんな仲がいいんです。刺激になるし頑張らなきゃって思いますよね」

また、この日67のベストスコアをマークし、2位入った木村敏美は「67は気持ちいいですけど、優勝できる感じではなかった。もっと獲れるパットはあったし、そういうのが入らないと優勝は難しい」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。