ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

金田久美子、19歳の辻梨恵が首位タイ発進!

◇国内女子◇ニチレイレディス 初日◇袖ヶ浦CC新袖C(千葉)◇6584ヤード(パー72)

先週の「サントリーレディス」では涙の逆転負け。1打差の2位タイに終わった金田久美子が、今週初日に早くもリベンジへの流れを築いた。5バーディ、ノーボギーの「67」で回り、5アンダー首位タイに立つ絶好のスタート。同じく首位タイには、昨年のファイナルQTを19位で通過し、今シーズンが自身初のフル参戦となる19歳の辻梨恵が並んでいる。

4アンダーの3位タイに吉田弓美子木戸愛。3アンダーの5位タイに、カン・スーヨンヤング・キム(ともに韓国)、フェービー・ヤオ(台湾)、ジェシカ・スピーチリー(オーストラリア)、青山加織大江香織の6人が続いている。大会3勝目を狙う横峯さくらは、不動裕理若林舞衣子表純子らと並び2アンダーの11位タイ。先週優勝の森田理香子は、2オーバーの53位タイと出遅れる滑り出しとなった。

金田久美子、今週こそ父の為に!>
先週の「サントリーレディス」では、最終日に単独首位からスタートしながらも、逆転負けの2位。「小6から二人で暮らしている」という父の為に、“父の日V”を目指していたが、その夢は果たせずに涙をこぼした。大会からの帰り道、車中で父・弘吉さんに「良い父の日だったから・・・」と言われ、金田はまた涙したと打ち明けた。

「ニチレイレディス」初日、1番(パー5)で3打目をピン上からバックスピンで戻して1メートルにつけるバーディ発進。4番(パー3)で手前バンカーから3メートルにつけ、このパーパットをねじ込んだのがこの日唯一のピンチらしいピンチだった。好調なショットでその後も4バーディを奪い、ボギーはゼロ。会心のラウンドに笑顔がはじけた。

今季はコーチである石井忍氏とスイング改造に取り組み、「バランスが良くなったって言われる。今週はグリーンが小さいけど、変なイメージも出ないし、ミスの幅も減った」とその手応えも本物になりつつある。

実は、明日22日は父・弘吉さんの70歳の誕生日。勝ちたい気持ちは「めっちゃあります」と、早速巡ってきたリベンジチャンスに心は熱い。「コーチでもあり、父でもあり、母でもある」と厚い絆で結ばれた親子。「先週と変わらず、守りに入らない強気のゴルフができたらいい。今日みたいにボギーが無いのが一番です」と、今度こそ最高のプレゼントを掴み取る。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。