ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

茂木宏美が逆転で国内メジャー初制覇!2打差2位に佐伯三貴

2013/05/12 13:52

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日◇茨城GC西コース(茨城県)◇6669ヤード(パー72)

3日目を終えて首位からは2打差、5アンダーの2位タイから出た茂木宏美が「68」をマークして通算9アンダーとし逆転優勝を飾った。前半アウトで3バーディを奪い、2位以下に2打差をつけてトップで折り返すと、後半もリードを拡げた。2011年の「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」以来となるツアー6勝目、36歳17日での国内メジャー初制覇は史上8番目の年長記録となった。

茂木からは2打差、通算7アンダーの2位に佐伯三貴。単独首位から出た森田理香子は1ストローク落とし、6アンダー3位でフィニッシュ。5アンダーの4位タイにリュー・ソヨン、イ・ジウ(韓国)、そして米女子ツアー1勝の16歳アマ、リディア・コー(ニュージーランド)が並んだ。横峯さくらは通算4アンダーの7位に終わり、2週連続優勝はならなかった。

<茂木、2人の母に送った最高のプレゼント>

5月12日、母の日。茂木が、コースで見守っていた母・サト江さん(66)にメジャー初勝利という最高のプレゼントを贈った。

「集中しないといけないから」と、サト江さんはメジャーの舞台で優勝争いを続ける茂木に、電話やメールなどの連絡をいっさい行なわず、太三男さん(67)と夫婦いっしょにロープの外から声援を送り続けた。「これは嬉しいですよ。(メジャー優勝は)やっぱり普通とは違うから」と太三男さん。サト江さんも「言うことがありません・・・」と感無量の様子だった。

サト江さんのことを聞かれ、「真っ先に思い浮かぶのは・・・」と回顧する茂木。「私が研修生の時にプロテストに受からず、回りからは“もうやめた方がいい”と言われていた時に、占いを見た母に“宏美ちゃんのせいじゃないよ。今年は悪い年だけど、来年、再来年は良くなるから、本当にゴルフをやめない方がいいよ”と言われて。そのお陰で、今のまま練習すればいいんだ、って思えるようになったんです。母の思い込みの強さと強引さに感謝しています」。笑い混じりに、母へ感謝の言葉を綴った。

そして、2010年10月に結婚した夫・窪田大輔さんの母へ。「妻らしいことは一切やっていないにも関わらず、何も言わずに応援して送り出してくれているんです。2人の母に感謝したいと思います」。

1年ほど前から「夢に見るほどだった」というほど切望していた、初のメジャータイトル。2013年の母の日は、茂木にとっても2人の母にとっても、忘れることのできない最高のメモリアルデーとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。