ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

オールスター戦!?古閑、大山、宮里、横峯、そして上田も上位

千葉県にあるグレートアイランド倶楽部で行われている国内女子ツアー第35戦「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の2日目。曇り空の下、今年の女子ツアーを象徴するかのような大混戦が繰り広げられている。

初日に自己ベストの8アンダーをマークし、単独首位に立った大山志保が2バーディ、2ボギーと苦しみながらもイーブンパーでまとめ首位の座は辛うじてキープした。その大山を捕らえたのは、この日6バーディと着実にスコアを伸ばした古閑美保と5ストローク伸ばした李知姫(韓国)の2人。

古閑は初日、2日目と宮里藍とラウンドし「宮里の方がアイアンショットが良かった」と話しながらも、自身もショットが好調でグリーンを外したのは15番パー5での1回だけだったという。また、現在賞金ランキングで首位を走る李も好調を維持。17番でのグリーンサイドバンカーからのミスショット以外は安定したゴルフを見せている。

首位の3人を1打差で追うのは、宮里藍横峯さくら服部真夕不動裕理、そしてディフェンディングチャンピオンの北田瑠衣と、ホステスプロの日下部智子の6人。横峯は3つ、宮里はスコアを5つ伸ばしたが、この日最もスコアを伸ばしたのは北田だった。8バーディ、ノーボギーの「64」。初日の大山と同じスコアで49位タイから急上昇。逆転での大会連覇も狙える位置に浮上してきた。

さらに1打差の6アンダー10位には、上田桃子原江里菜福嶋晃子櫻井有希一ノ瀬優希キム・ソヒ(韓国)、ウェイ・ユンジェ(台湾)の7人が並んでいる。4アンダー3位タイスタートの上田は、スコアを2つ伸ばし首位との差を2打に縮めたが順位は10位タイまで後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。