ニュース

国内女子樋口久子IDC大塚家具レディスの最新ゴルフニュースをお届け

最終ホールでまさかの決着! 服部真夕がツアー初勝利!

埼玉県にある武蔵丘ゴルフコースで開催されている、国内女子ツアー第33戦「樋口久子IDC大塚家具レディス」の最終日。穏やかな天候とは対照的に、競技は最後まで予測のつかない熾烈な争いが展開された。

2位に2打差をつけて単独首位からスタートした有村智恵は、「本当に緊張しました」と固さもあってか、前半は1バーディ、1ボギーと伸び悩む。その隙に2打差を追うリ・エスド(韓国)が1番、9番とバーディを奪い、通算6アンダーで有村と並び後半へと折り返す。

一時は後続に2打差をつけ、2人による競り合いが続くかと思われたが、エスドはボギーを重ねて失速。有村が単独首位に返り咲くが、3打差の4位タイからスタートした服部真夕が後半に猛追を見せる。13番でバーディを奪い通算4アンダーとすると、16番パー5で1.5メートル、17番パー4では17メートルを沈めて連続バーディ。通算6アンダーで最終組を待つ。

通算6アンダーで最終18番パー5を迎えた有村は、右のファーストカットからの3打目がグリーン右斜面へ。4オンしたものの、4メートルのパーパットが残ってしまう。このパットを外した瞬間、有村は天を仰ぎ、同時に服部のツアー初勝利が決定した。有村は返しのボギーパットも外し、ダブルボギーでホールアウト。若林舞衣子と並び、通算4アンダーの3位タイで終えた。

バーディで終えたエスドは1ストローク及ばず、通算5アンダーの単独2位。横峯さくらは2ストローク伸ばし、諸見里しのぶらと並び通算3アンダーの5位タイで終えた。ベストアマチュアは、通算2オーバーの26位タイで終えた森美穂が獲得している。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 樋口久子IDC大塚家具レディス




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。