ニュース

国内女子マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

大山志保、自己ベストタイの7アンダーで単独首位

国内女子ツアー第32戦「マスターズGCレディース」が、兵庫県にあるマスターズゴルフ倶楽部で開幕した。大会初日、早い時間は昨夜からの雨が残って時折霧雨がぱらついたが、昼前には雨も止み、雲間からは太陽も顔を覗かせた。フェアウェイ、グリーン共に湿気を含んで軟らかくなったが、そのコンディションをものともせずに、ビックスコアを叩き出したのは、06年の賞金女王・大山志保だ。

来季の米ツアー参戦を目指し、QT(予選会)に挑戦している大山。ファイナルQTは、国内ツアーの最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」と日程が重なるため、大山が出場出来るのは、この試合を含め残り5試合だ。

「もちろん、優勝して向こうに行きたいけど、簡単なことではないので、まずは自分のベストのプレーをしたい」という大山。この日は「入るんだという気持ちを持ってスタートした」というパッティングが好調で、3m前後のバーディパットをことごとく沈めて、しかもノーボギー。自己ベストタイの「65」をマークし、通算7アンダーで単独首位に立った。「自分でもびっくりしています」という大山は、2位に5打の大差をつけて、2日目に臨む。

2位以下は混戦模様。通算2アンダーに並ぶのは、ニッキー・キャンベル(オーストラリア)、宋ボベ(韓国)、北田瑠衣全美貞(韓国)、横峯さくら李知姫(韓国)の6人。さらに1打差で、この日14番でホールインワンを達成した笠りつ子の他、佐伯三貴天沼知恵子が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マスターズGCレディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。