ニュース

国内女子カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ―日本プロゴルフ殿堂設立支援トーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

韓国のイ・ジウが7アンダー首位!福嶋、全も好スタート

国内女子ツアー第20戦「カゴメ フィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ」が、千葉県の習志野CCキング・クイーンコースで開幕した。賞金総額1億3000万円を争う戦いで、予選2日間は午前・午後組に分かれてスタート。初日は注目選手が午前中に固められた。

首位に立ったのは、7アンダーをマークした韓国のイ・ジウ。13番までに4バーディを奪ったイは、15番から3連続バーディを奪い集団から一気に抜け出した。「去年よりもショットの調子が良いので、コースは難しく感じなかったです。パーオンできなかったのは18番だけでした」。

昨シーズンから日本ツアーに本格参戦しているイは、昨年初シードを獲得すると、今季はすでにトップ10入りが5回。それも全て6月の「We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント」以降と、ここ最近は絶好調だ。

首位のイとは2打差の5アンダー単独2位には、午後組でラウンドした中島真弓。この日は午前中こそ曇り空でそよ風が吹くコンディションだったが、午後になると真夏の日差しが降り注ぎ、気温もぐんぐん上昇していた。

4アンダー3位タイには福嶋晃子全美貞の2人が並んだ。先週の戦いで今季2勝目を挙げた福嶋は、疲れがたまっているとは言うものの、要所でバーディを積み重ね、最終9番では下り10メートルのバーディパットをねじ込んだ。

さらに1打差の3アンダー5位には、茂木宏美上原彩子若林舞衣子西塚美希世佐々木慶子、大竹康子の6人が並んだ。この日最もギャラリーを集めた古閑美保横峯さくら大山志保組だが、古閑が1アンダーの16位タイ。大山と横峯はイーブンパーの25位タイ。大会連覇を狙うチャンナ(中国)は腰痛のため途中棄権となった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ―日本プロゴルフ殿堂設立支援トーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。