ニュース

国内女子プロミスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

有村智恵が感涙のツアー初勝利! 5打差の圧勝で飾る!

兵庫県にあるマダムJGCで開催されている、国内女子ツアー第16戦「プロミスレディスゴルフトーナメント」の最終日。心配されていた雨は、一時的に降る程度で断続的な雨にはならず、競技は順調に進行した。

優勝争いは、中盤まで最終組の有村智恵不動裕理による熾烈なデッドヒートを繰り広げられた。首位の有村から3打差でスタートした不動は、2番でバーディ、さらに7番から3連続バーディと猛追。9番を終えた時点で通算11アンダーとし、首位の有村に並んだ。

しかし、「焦りはあったが、自分のスコアだけを考えようと集中していた」という有村は、10番で3メートルを沈めてバーディ。対する不動は10番をボギー、さらに13番では4メートルの距離から3パットを犯し、有村に独走を許すことになる。有村はその後も気を緩めることなく15番、17番でもバーディを奪取。この日4バーディ、ノーボギーと最後まで好調を維持した有村が、2位に5打差をつける通算14アンダーで念願のツアー初勝利を達成した。「自分は泣かないだろうな、と思っていた」という有村だったが、18番グリーンに駆けつけた三塚優子原江里菜の祝福を受けると、大粒の涙が頬を伝った。

通算9アンダーの単独2位には、この日4ストローク伸ばした大山志保。通算8アンダーの3位タイに、共に最終組をラウンドしたリ・エスド(韓国)と不動が並んだ。不動は「まあ上出来です。(有村は)初優勝という雰囲気を感じさせないプレーでしたね」と有村を称えていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 プロミスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。