ニュース

国内女子ライフカードレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらが1打差の2位へ浮上!李知姫、申智愛と最終組対決

熊本県にある熊本空港CCで行われている国内女子ツアー第5戦「ライフカードレディス」の2日目、青い空にまぶしい太陽が顔を出し、気温は23.6度まで上昇。時折、蝉の声も聞こえる暑さの中で、熾烈なデッドヒートが繰り広げられた。

この日、好調なゴルフを見せたのは、2週連続優勝を目指す横峯さくら。前半は多くのバーディチャンスにつけながら、なかなか決め切れなかった横峯だが、9番をバーディとして折り返すと、13番以降の6ホールで4バーディを奪う猛チャージを見せ、この日「68」、通算3アンダーへとスコアを伸ばし、首位と1打差の2位タイに浮上した。

同じく2位タイにつけるのは、先週から日本ツアーに参戦している申智愛(韓国)。「暑さに苦労したけど、昨日よりミスが少なくて良かった」と、5バーディ2ボギーの「69」で回り、得意の最終日に逆転優勝を狙う。韓国では“ファイナル・クイーン”の称号を持つ申は、「その名に泥を塗らないように頑張りたい」と、日本ツアー3勝目へ自信を覗かせた。

好調な2人を抑え、1打差で単独首位に立つのは韓国の李知姫。後半に入り、「グリーンのスピードが急に速くなって難しくなった」と、12番から3連続の3パットで一気にスコアを落としたが、上がり2ホールで連続バーディを奪い返し、かろうじて首位を守った。

通算1アンダーの単独4位は三塚優子。通算イーブンパーの5位タイには、上田桃子が続き、最終組の一組前で優勝争いを繰り広げる。さらに、通算1オーバーの6位タイグループには、不動裕理原江里菜山口裕子ら強豪がひしめいている。また、2日連続「76」で通算8オーバーとした金田久美子が、カットラインぎりぎりの46位でプロ入り後初の予選通過を果たしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ライフカードレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。