ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらは逃げ切れず! 韓国の宋ボベがツアー初優勝

沖縄県にある琉球GCで行われている、2008年国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」の最終日。6アンダー4位タイからスタートした横峯さくらが、12番までに6つのバーディを奪取。後続との差を広げ、混戦を一歩抜け出したかに見えた。

しかし、その横峯に待ったをかけたのが7アンダー首位タイからスタートした韓国の宋ボベだった。2番でボギーが先行した宋だが、4番パー5でイーグルを奪い7番でもバーディ。そして後半11番パー5で再びイーグルを奪うと12番でもバーディを奪い、12アンダーの横峯をついに捕らえた。

横峯、宋の一騎打ちで終盤までもつれるかに思われたが、横峯は16番パー3でティショットをグリーンオーバーさせると2メートルのパーパットを外しボギー。続く17番でも2メートルほどのパットが決められず、連続ボギーを叩いてしまう。

最終18番パー5でもスコアを伸ばせなかった横峯は、通算10アンダーの単独2位でホールアウト。代わって単独首位に浮上した宋は15番、そして最終18番パー5でもバーディを奪い、通算14アンダーで日本ツアー初優勝を果たした。

3位タイは通算9アンダーの佐伯三貴イム・ウナ(韓国)。5位タイには通算7アンダーで上田桃子全美貞古閑美保の3人が並んだ。上田はこの日3バーディ、1ボギー。疲れた表情は変わらなかったが、スコアメイクに徹底した。対照的に古閑は、前日の鬱憤を晴らすべく後半は攻めのゴルフに転じたが、4バーディ、4ボギーと出入りの激しいゴルフとなり、この日はスコアを1つ伸ばすに止まった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。