ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

混戦模様の優勝争い!実力者が上位に浮上!

今季国内女子メジャー初戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」2日目。前日までの強烈な陽射しとはうって変わって、分厚い雲が空を多い、気温も5度近く下がって過ごしやすくなった広島県リージャスクレストGC。相変わらずグリーンは軟らかく、スコアを伸ばすには絶好のコンディションとなった。

この日、「67」のベストスコアを出して浮上したのは、熊本勢の不動裕理上田桃子の2人。4オーバーからスタートした不動は、前半だけで5つのバーディを奪う猛チャージを見せたが、後半はスコアを伸ばせず通算1アンダーどまり。それでも首位と5打差の11位タイに急浮上し、「明日次第です」と大会3勝目を視野に入れた。

<< 下に続く >>

また、初日6オーバーの上田も、3番ホールで今大会21ホール目にして初のバーディを奪うと、その後も前日のうっぷんを晴らすかのようにバーディを量産し、通算1オーバーの28位タイに順位を上げた。「昨日はギャラリーの声援に応えるのが難しいと感じたけど、今日は沢山(ギャラリーに)手を上げられて良かったです」とほっとした笑顔を見せた。

単独首位は、前日首位タイからスタートした上原彩子。この日も2つスコアを伸ばして通算6アンダーとしている。1打差の2位タイに続くのは、横峯さくら飯島茜大場美智恵の3選手。大山志保は2アンダーの7位タイ、賞金ランキングトップを行く全美貞は1打及ばず予選落ちとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!