ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

不動裕理が完全優勝で今季2勝目を挙げる!

新潟県にあるヨネックスCCで行われている、国内女子ツアー第23戦「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」の最終日。初日、2日目と首位に立っていた不動裕理がこの日もその座を守りきり、完全優勝で今季2勝目を達成した。

不動は出だしこそボギースタートとなったが、直後の2番から2連続バーディ、7番、8番でも連続バーディを奪い、後続との差を広げる。しかし、通算13アンダーで迎えた17番のパー4。不動は残り120ヤードの第2打でPWを選択。ところが打ち下ろしとラフからの距離を計算にいれておらず、グリーンにキャリーしたものの奥のクリークに転がり落ちてしまう。そこから載せるも、2パットのダブルボギー。2位の上田桃子に1打差と迫られ、「とにかく今日は勝ちたかったので、欲が出すぎてしまったのかも。プレーオフになったら18番は2オン無理だし、負けることまで考えました」と敗北の覚悟までしたという。それでも、最終18番では4メートルを沈めてバーディフィニッシュとし、通算12アンダーで不動が終盤の熱戦を制した。

通算11アンダーの単独2位には、最後の最後まで不動を追い詰めた上田桃子。18番では8メートルのイーグルパットを惜しくも外し、プレーオフを逃したが、「これからゴルフを続けていくのにこういう事は多々あると思うので、次は負けません!」と強気に言い放った。また上田は、56位タイに終わった全美貞を抜き、再び賞金ランクトップに返り咲いている。

続く通算9アンダーの単独3位には、韓国出身の具倫希。通算8アンダーの単独4位には横峯さくらが入っている。地元新潟でプロデビュー戦を飾った若林舞衣子は、大山志保と並び通算5アンダーの9位タイで終えている。またベストアマチュアは、古閑美保佐伯三貴と並ぶ通算6アンダーの5位タイで終えた宮里美香が獲得した。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。