ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

5週間ぶりにツアー復帰の不動裕理が貫禄の単独首位!

国内女子ツアー第23戦「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」が、新潟県にあるヨネックスCCで開幕した。毎年、暑さとの戦いとなる今大会だが、今年も強い日差しが照りつけ気温は上昇。しかし、その暑さにもめげず、会場には2,879人の熱心なギャラリーが来場し女子プロ達の熱戦に声援を送った。

地元でのプロデビュー戦で注目を集めた若林舞衣子は、1番パー5の3打目をピン側1.5mにつけ幸先良くバーディスタートを切る。直後の2番をボギーとしたものの、終始リラックスした様子でラウンドし、3バーディ2ボギーの通算1アンダー、20位タイの好位置で初日を終えた。緊張は無かったという若林。「地元だし、応援してくれる皆さんの為に優勝争いをして恩返しをしたい」と明日以降の抱負を話した。

<< 下に続く >>

初日単独首位に立ったのは、5週間ぶりの国内復帰戦となった不動裕理。8バーディ1ボギーの「65」で、自身の持つコースレコードにあと1つと迫る7アンダーで貫禄を見せ付けた。「ショットは悪くはないけど、そんなにビタッとは来ていない。もうちょっと寄せたい気持ちはあります」。

2打差の2位タイにつけたのは、ともに5バーディノーボギーの佐藤宏美とアマチュアの宮里美香。さらに2打差で有田由香、片山真里、韓智淵の3人が続いた。2週連続優勝を狙う横峯さくら1アンダーの20位タイ。ディフェンディングチャンピオンの大山志保はイーブンパーの32位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!