ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

李知姫、全美貞が首位発進 1打差に森田、茂木

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン初日◇中京GC石野コース(愛知県)◇6462ヤード(パー72)

韓国の名手2人がトップタイスタートを切った。李知姫全美貞がともに「68」をマーク。4アンダーとして、3位タイの森田理香子茂木宏美に1打差をつけて初日を終えている。

首位からは2打差、2アンダーの5位タイグループには佐伯三貴藤本麻子木戸愛ら6選手。有村智恵は1アンダーで若林舞衣子、アマチュアの比嘉真美子らと同じく11位タイで発進した。ディフェンディングチャンピオンの野村敏京はイーブンパーの23位タイで、笠りつ子原江里菜らと並んでいる。

李知姫、大会3勝目へ向けて好発進!>
日中を通して強い風がコースを吹き抜け、例年に比べてスコアが伸び悩む初日をリードしたのは、06年、08年と大会2勝を挙げている李知姫だった。「出だしからショットが良かった」と、2番(パー3)、5番、7番といずれも2mにつけてバーディを重ねると、風の勢いが増した後半は「ショットが風に流されて難しかった」と注意を払いながらも2つ伸ばして首位タイ発進。3度目の優勝に向けて絶好のスタートを切った。

シーズン序盤は、開幕戦で2位タイ、第3戦で優勝と最高の滑り出しを見せたが、4月に入って2戦連続で予選落ち。「久しぶりだったのでビックリ。一気にこんなに悪くなんだな、と思いました」。それでも、開幕早々に1勝を挙げていることが「焦ってもプラスにならない」というゆとりを生み、揺らぎのない平常心を保たせている。「練習すれば戻ると思っていた」との言葉通り、ここ2週連続でのトップ10、そして今日の首位タイ発進と、一瞬の不調がまるでウソだったかのように、すっかり調子を取り戻している。

2勝を挙げているコースなのだから相性は抜群・・・というわけでも無く、実は予選落ちも04、10年と2回記録している。自身も波の激しさは承知しており、「このコースは(良し悪しが)激しいんです」と苦笑。「今年は良いといいですね。明日も明後日も、この調子でいきたいです」。初日のプレーを見る限り、今年は“良い方の波”が背中を後押ししているようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。