ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミがプレーオフを制し、ツアー初勝利!

2012年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 最終日 イ・ボミ
プレーオフでアン・ソンジュを破り、ツアー初勝利を手にしたイ・ボミ【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 イ・ボミ -3 213
2 アン・ソンジュ -3 213
3 上原彩子 -2 214
4 飯島茜 0 216
4 姜秀衍 0 216
4 全美貞 0 216
7 笠りつ子 +1 217
7 中山三奈 +1 217
7 金ナリ +1 217
10 不動裕理 +2 218

スコア詳細を見る

◇国内女子◇ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 最終日◇高知・土佐CC◇6232ヤード(パー72)

上位が伸び悩み停滞する中、4位のイ・ボミが「69」、8位のアン・ソンジュが「67」をマーク。通算3アンダーの首位に並んでホールアウトし、決着は韓国勢2人によるプレーオフにもつれ込んだ。

プレーオフ開始前の14時46分、昨年3月11日に発生した東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を祈り、黙祷が捧げられる。プレーオフは18番(パー4)の繰り返しで行われ、1ホール目はともにボギー。迎えた2ホール目、ボミが確実にパーをセーブして決着をつけ、ツアー参戦2年目にして嬉しい初勝利を手に。ガッツポーズと満面の笑顔でギャラリーの歓声に応えた。

通算2アンダーの単独3位に上原彩子。通算イーブンパーの4位タイに全美貞カン・スーヨン(ともに韓国)、飯島茜。通算1オーバーの7位タイに金ナリ(韓国)、中山三奈笠りつ子が続いた。首位タイからスタートした不動裕理は、通算2オーバーの単独10位。横峯さくらは通算4オーバーの12位タイで終えた。

2012年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 最終日 イ・ボミ
最後は1mのウィニングパットを決めてガッツポーズ。日本ツアー初優勝を飾ったイ・ボミ【拡大写真】

<「本当にうらやましかった」先輩アン・ソンジュを破って日本ツアー初優勝>
昨年から日本ツアーに参戦しているイ・ボミだが、個人スポンサーとの契約で、韓国ツアーへの出場義務も背負っていた。その結果、日本と韓国を往復する必要が生じ、「日本での目標がはっきりしていなかった」と、昨年の賞金ランキングは40位に低迷した。今年は契約を一新。日本ツアーを中心に25試合くらい出場する予定だという。

「優勝するには運が必要」と話していたボミ。この日は2番でボギーを先行させたが、その後に4つのバーディでスコアを伸ばし通算3アンダーでホールアウト。勝負は1歳年上のアン・ソンジュとのプレーオフへともつれこんだ。日本ツアーで2年連続賞金女王となったソンジュを「本当にうらやましいと思っていた」とボミも認める。それでも「どんな相手でも勝つのがベスト。プレーオフは自信を持ってプレーしたいと思った」と臆することはなかった。

今オフからクラブも変えた。ヨネックスの担当者は開幕前にボミのクラブを見て、それが物語る練習量に舌を巻いたという。韓国では“スマイルキャンディ”の相性で親しまれているが、笑顔だけでなく強さも兼ね備えている。「日本のファンにも愛されるようにプレーしたい」。まだ日本語は「少しだけ」とはにかむが、日本ツアーでの活躍と並行して、年末には流暢な日本語を話しているかもしれない。


特集SPECIAL

プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには林菜乃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~