ニュース

国内女子樋口久子殿堂入り記念IDC大塚家具レディスの最新ゴルフニュースをお届け

今度は古閑vs横峯!古閑が先週の雪辱を晴らす

埼玉県の武蔵丘ゴルフコースで開催されている、国内女子ツアー第27戦「樋口久子殿堂入り記念IDC大塚家具レディス」の最終日。首位を走る古閑美保など9名の選手が、第2ラウンド残りを消化するため朝早くからのスタートとなった。

そして迎えた最終ラウンド。5アンダー、2位以下に3打差をつけてスタートした古閑は、出だし1番のパー5でバーディを奪うも、2番短いパーパットを外してボギー、4番パー3ではグリーン周りのバンカーに入り目玉になってしまうも、そこから脱出し長いパーパットを決める。しかし、続く5番でボギーを叩くなど前半はひたすら我慢のゴルフとなった。

古閑が足踏みをしている中、追い上げてきたのは1アンダーからスタートした横峯さくらだ。前半で4つスコアを伸ばし、首位を走る古閑を追い抜いて首位に立った。

だが、後半に入ると古閑に流れが傾いてくる。13番で古閑がバーディを奪い追いつくと、16番でもバーディを奪って再逆転。逆に横峯は、17番で痛恨のボギーを叩き2打差をつけられてしまう。最終18番は互いにパーでまとめて勝負あり。古閑が先週「マスターズGCレディース」の雪辱を晴らすとともに、今季嬉しい初勝利を飾った。

なお、横峯は4アンダーの2位タイでフィニッシュ。同じく2位に入ったのは、初日出遅れていた女王不動裕理。この日のベストスコア「66」を叩き出して上位に食い込んだ。そのほか宮里藍は、この日1つスコアを伸ばして通算2アンダーの9位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 樋口久子殿堂入り記念IDC大塚家具レディス




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。