ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

6打差をつけて快勝!宮里藍が今季2勝目!

兵庫県のジャパンメモリアルGCで行われている、国内女子ツアー第9戦「We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の最終日。天気は快晴と絶好のゴルフ日和の中、大会は最終日を迎えた。首位を走る米山みどり山口裕子とホストプレーヤーの宮里藍が2打差で追いかける展開に、最終組は大勢のギャラリーを引き連れてのラウンドとなった。

前半戦、大勢のギャラリーに緊張したのか米山が2、3番でボギー、4番でダブルボギーを叩いてしまいあっさり首位から陥落。代わって首位に踊り出たのは注目の宮里だった。前半で3つスコアを伸ばし、2桁アンダーまでのせると、後半からは追いあげてくる選手がいなく一人旅。通算11アンダー、2位以下に6打差をつける快勝で今季2勝目を飾った。また宮里は、この大会のホストプレーヤーとして最高の仕事を果たしたことになる。

そして1つスコアを伸ばした木村敏美と最終組をラウンドした山口が通算5アンダーの2位タイでホールアウトした。4位には、西塚美希世がこの日2ストローク伸ばして通算3アンダーでフィニッシュ。なお、首位スタートの米山は、途中13番から15番で3連続バーディを奪うも、この日8つスコアを落として通算1アンダーの10位タイで4日間を終えた。

一方、アマチュア対決は、香山麻央と朴喜暎(韓国)を振り切って、宮里と同級生の横峯さくらがベストアマを獲得。横峯は予選ラウンドを4オーバーでぎりぎり通過した。だが、決勝ラウンドに入ると本来の調子を取り戻した横峯は、3日目を3アンダー、最終日を1オーバーでラウンドし、通算2オーバーの18位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。