ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

不動が首位をピッタリマーク!宮里がスコアを伸ばせず12位に後退

愛知県の中京ゴルフ倶楽部石野コースで行われている、国内女子ツアー第7戦「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の2日目。この日、一気にスコアを伸ばす選手が現れ、首位と4打差に20名がひしめく大混戦となった。

混沌としているなか飛び出したのは、2000年に日本女子プロ選手権コニカ杯などツアー10勝を誇る高村亜紀だ。この日1イーグル2バーディ、通算6アンダーで単独首位に踊り出た。2001年「リゾートトラストレディス」以来の優勝を狙う。

<< 下に続く >>

1打差の2位タイに4人が並ぶ。鈴木香織、大山志保、この日のベストスコア“65”をマークした斉藤裕子、そして女王不動裕理もノーボギーのラウンドで4つスコアを伸ばし絶好の位置につけた。

注目の宮里藍は、前半5番でダブルボギーをたたくなどズルズル後退。しかし後半に入るとバーディラッシュを披露し、この日は1アンダーで終えた。通算2アンダー、初日8位から12位に後退している。

そのほか、アマチュア横峯さくらが猛チャージをかけて5つスコアを伸ばし、通算2アンダーの12位まで浮上した。逆転優勝が狙える十分な位置につけた。「再春館レディース火の国オープン」で女王不動とプレーオフによる死闘を演じたのも伊達ではない。宮里に続きアマチュア優勝の期待がかかる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!