ニュース

国内女子新キャタピラー三菱レディースの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が今季3勝目で賞金ランキング1位に返り咲く!

神奈川県の大箱根カントリークラブで開催されている、国内女子ツアー第19戦「新キャタピラー三菱レディース」の最終日。前日、パッティングに苦しみ、連続ノーボギーの記録が途絶え、スコアを落とした宮里藍だったが、この日は本来のリズムを完全に取り戻した。5つスコアを伸ばして通算10アンダーとし、見事今季3勝目を挙げた。

最終日の宮里は、完璧なコースマネジメントとクレバーなプレーを続けた。出だしの1番、2番で連続バーディを奪うと、9番でもバーディ。しかも前半をノーボギーで折り返す。後半に入ってからも、ボギーを叩く気配は微塵も感じられなかった。15番、勝負所でバーディパットを沈め、この時点で通算9アンダーの単独トップ。唯一、16番でティショットを難しいラフに入れ、2打目をグリーン奥にこぼしピンチに陥ったが、嫌な距離のパーパットを難なく沈めた。これで勝利をほぼ手中に収めた宮里は、最終18番をバーディで締めくくり、2位に3打差をつけて、国内ツアー復帰2試合目で早くも優勝を飾った。

そんな宮里に、最後まで食い下がったのが、5アンダーのトップタイからスタートした茂木宏美だ。前半を3バーディ、1ボギーで折り返すと、後半に入ってからも、15番でバーディを奪い、通算8アンダーとしてトップと1打差をキープ。そして迎えた16番。ここでも難しいパーパットを何とか沈めて、逆転優勝へ望みをつないだが、続く17番で痛恨のボギー。結局、通算7アンダーで、韓国の全美貞と並び、2位タイでホールアウトしている。

また、宮里の永遠のライバルといっていい横峯さくらは、2バーディ、2ボギーと最後まで持ち前の爆発力を発揮できず、通算4アンダーの7位タイでフィニッシュ。そして最終日、4位タイからスタートし、優勝も期待されたベテランの福嶋晃子も、3バーディ、2ボギーと思うようにスコアを伸ばせず、通算5アンダーの5位タイで3日間の競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 新キャタピラー三菱レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。