ニュース

国内女子シャトレーゼクイーンズカップの最新ゴルフニュースをお届け

横峯がトップと1打差の2位に!首位は韓国の姜如珍が奪取

北海道のシャトレーゼカントリー倶楽部札幌で開催されている、国内女子ツアー第15戦「シャトレーゼクイーンズカップ」の2日日。難しいコースコンディションに各選手が苦しめられる中、通算2アンダーでトップに立ったのは、姜如珍(カン・ヨウ・ジン)(韓国)。そして1打差で追う2位グループには、横峯さくらを始め、5人がひしめいている。

2位からスタートした姜如珍は、粘り強いゴルフを最後まで続けた。5番でバーディを奪うものの、その後はパーとボギーの苦しい展開。結果的には2つスコアを落としたが、上位陣が軒並み崩れていく中、前日の貯金もあって単独首位に躍り出た。

この日、最もギャラリーを沸かせたのは、前日の14位タイから一気に2位タイへ浮上してきた横峯。1番、2番、3番で3連続バーディを奪うなど、勢いのあるところを見せて会場を大いに盛り上げた。途中、ボギーも3つ叩いたが、最終的にはスコアを1つ伸ばすことに成功。明日の最終日、優勝に向けて絶好のポジションにつけている。

同じく2位タイにつけているのが、ディフェンディングチャンピオンの福嶋晃子服部道子、そして韓智淵ハン・ジ・ヨン)(韓国)、鬼沢信子の4人。とにかく、2日目を終わった時点で、これだけの強者が首位と1打差にひしめいているだけに、勝負の行方がもつれるのは必至だ。

そのほかの注目選手としては、初日トップに立っていたベテランの木村敏美が、この日8つスコアを落とす大乱調の展開で、通算1オーバーの12位タイへ後退。さらに、連続優勝のかかる藤井かすみ、地元出身で期待のかかる大場美智恵の2人は、通算2オーバーの17位タイで2日目を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 シャトレーゼクイーンズカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。