ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋が単独首位へ!不動、古閑が3位タイに

静岡県の川奈ホテルGC富士コースで行われている、国内女子ツアー第4戦「フジサンケイレディスクラシック」の2日目。昨年まで男子ツアーが使用していた難コースなだけに、上位には実績のある選手達が名を連ねた。

大会2日目、混戦から抜け出し通算6アンダーで単独首位に立ったのは福嶋晃子。また、前半で1つスコアを伸ばした福嶋は、後半で怒涛のバーディラッシュ。最終18番でボギーを叩くも、優勝に王手をかけた。また、1打差の2位につけた肥後かおりも、ノーボギーの完璧なゴルフを披露し、この日のベストスコア「66」をマークした。

そして、福嶋と同じく初日首位に立っていた不動は、5番パー5でイーグルを奪うなど、スコアを伸ばしていたが、後半は我慢のゴルフが続き、難易度が高い17番パー3ではボギーを叩いてしまう。結局この日は1アンダーで周り、通算3アンダーの3位タイ。不動と同じく3位タイに、この日4バーディ1ボギーでまとめた古閑美保が並んでいる。

そのほか、注目を集める横峯さくらは、前半からボギーが続く苦しい展開。だが、終盤16番パー5で奥からチップインイーグル。続く17番でもバーディを奪いスコアを少し取り戻して、通算4オーバーの17位タイ。また、宮里藍は前半からスコアを崩す展開となり、通算7オーバーの38位で予選通過を果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。