ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

アン・ソンジュが今季3勝目!早くも1億円突破

群馬県の吉井カントリークラブで開催されている、国内女子ツアー第27戦「SANKYOレディースオープン」最終日。早朝は小雨が残ったが、トップ組がスタートする8時には日差しが出て、その後は真夏のような暑さが試合終了まで続いた。

優勝争いは、最終組でラウンドした全美貞アン・ソンジュ朴仁妃の韓国勢3人の争いとなり、中盤に3連続ボギーを叩いた全が脱落。最終18番でバーディを奪った朴が、通算10アンダーのアンに追いつき、2人のプレーオフに突入した。

<< 下に続く >>

18番パー5で行われたプレーオフの1ホール目、着実にグリーンセンターに3オンさせたアンに対し、朴は果敢にピンを狙った。ところが、ピン奥に落ちたボールは、勢い余ってグリーンをオーバーすると、そのまま池の中へ。結局、ボギーを叩いた朴に対し、アンがパーセーブをして今季3勝目を掴んだ。

アンはこの勝利で今季の獲得賞金で1億円を突破。2位につける全に4,000万円以上の差をつけて、賞金女王獲得に向け一歩前進した。

通算7アンダーの単独3位は、ノーボギーで3ストローク伸ばした馬場ゆかり。通算6アンダーの単独4位には昨年同様最終日に悔しい思いをしてしまった全。通算5アンダー単独5位は不動裕理。通算4アンダー単独6位に北田瑠衣が続いた。

注目選手では有村智恵が通算3アンダーの7位タイ、横峯さくらが通算2オーバーの21位タイ、諸見里しのぶが通算3オーバーの24位タイに終わっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!