ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

チャン・チョンが単独トップ! 横峯さくらは2位タイ、宮里藍も6位タイと好発進!

国内女子ツアー第28戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」が、大阪府にある茨木カンツリー倶楽部 西コースで開幕。ラフが長く難しいコースコンディションの中、通算3アンダーで単独首位に立ったのはチャン・チョン(韓国)だった。

チョンは1番から3番にかけて3連続バーディを奪うなど、合計5つのバーディを奪取。10番、12番と2つのボギーを叩いたもののスコアを3つ伸ばして最高のスタートを切っている。「今日はボギースタートだったのが、逆に気持ちが落ち着いて良かったかも知れません。パッティングは好調だったので、ティショットでミスをしないように気をつけましたね。結果的に3アンダーでラウンド出来て良かったです」

<< 下に続く >>

2アンダーの2位タイには、4バーディ、2ボギーと好調なプレーを見せた横峯さくらを始め、「久し振りに18番でいいバーディが取れて良かったです。パットも好調時の感じが戻ってきました」と語る大山志保ら強豪4人がつけた。さらに、1アンダーの6位タイにも国内女子ツアー4連勝を狙う宮里藍高橋美保子の2人が並ぶ混戦となっている。

注目選手では諸見里しのぶ、アマチュアの宮里美香や辻崎香穂里らがイーブンパーの8位タイ。なかでも宮里美香は、最終18番でチップインバーディを決める活躍も見せた。「あれは凄く気持ち良かったですね。世界ジュニアでトップをキープして優勝したことが凄く自信になりました。今年は絶対に取りにいくぞ、という気持ちで試合に臨んでいます」。他にもアマチュアの金田久美子が、1オーバーの16位タイと好ポジションを得るなど、アマ勢が上位へ顔を連ねる初日となった。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!