ニュース

国内女子フィランソロピー・LPGAプレーヤーズ・チャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらが単独トップに立つ!諸見里しのぶも6位タイに浮上!

茨城県にある潮来カントリー倶楽部で行なわれている、国内女子ツアー第19戦「フィランソロピー・LPGAプレーヤーズ・チャンピオンシップ」の2日目。スケジュールが遅れるほどの強い風雨の中、通算5アンダーで単独トップに躍り出たのが横峯さくらだ。

アウトスタートの横峯は、2番でバーディを奪うと、その後はパーでしのぐ我慢のゴルフを展開。7番パー3ではボギーを叩いたものの前半をイーブンパーで折り返した。後半に入ると10番、12番、18番でバーディを奪い、一気にスコアを3つ伸ばすことに成功。後続に2打差をつけて首位に立った。

<< 下に続く >>

通算3アンダーの単独2位には、5バーディ、1ボギーでスコアを4つ伸ばしてきた全美貞(韓国)がつけ、通算2アンダーの単独3位にニッキー・キャンベル(オーストラリア)が続いている。

注目選手では、一時帰国中の諸見里しのぶが、通算イーブンパーの6位タイ。今季初優勝組の藤田幸希、飯島茜らも1オーバーの11位タイと、まずまずのポジションを得た。これを古閑美保大山志保らが2オーバーの16位タイで追う展開。一方、女王不動裕理だが、通算3オーバーの25位タイで2日目を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 フィランソロピー・LPGAプレーヤーズ・チャンピオンシップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!