ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

宮本勝昌が石川遼作戦で単独首位!!

国内男子ツアーの第19戦「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」が、千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース開幕した。天気予報は午後から雨となっていたが、10時過ぎから大粒の雨が20分以上降ったかと思うと、その後は日差しが出始め、天気と風の変わりやすい一日となった。

荒れる天候の中、9アンダーをマークし単独首位に立ったのは宮本勝昌だった。10番からスタートした宮本は、前半に5つのバーディを量産すると、2番パー5では2打目をピン手前1メートルに付けイーグルを奪った。その後も7番で下りの難しいバーディパットを沈めると、最終9番でもバーディフィニッシュ。2位に2打差を付けたが、その原動力には石川遼の存在があった。

先週行われた「日本オープン」での、石川遼のドライバー多用作戦にあやかり、今週は自分もドライバーで積極的に攻めることを考えた。いままで袖ヶ浦をラウンドする際は、ホールごとの距離にあわせ、3番や5番ウッドでティショットを行っていた。「まっすぐ飛べば遼くん作戦は威力を発揮しますね。やはり残り距離が短いとバーディを取りやすいですからね」。宮本は今週4日間とも遼くん作戦で行くつもりだ。

宮本と2打差の7アンダー単独2位は、ここ7試合連続でトップ10以内に入り好調を維持する矢野東。6アンダーの3位タイには池田勇太丸山茂樹海老根文博の3人が並び、5アンダー単独6位には、大ベテランのジャンボ尾崎が入り好スタートを切った。尾崎は袖ヶ浦で2勝するなどコースは知り尽くしている。残り3日間、あとは身体が持つかが心配される。

大会連覇、そして先週に続き2週連続優勝を狙う片山晋呉は、3アンダーの12位タイ。先週の「日本オープン」で単独2位に入った石川遼は、前半3アンダーまで伸ばしたが、後半崩れイーブンパーの57位タイとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。