ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

藤田が逆転勝利! 石川遼は10位タイに浮上

北海道のザ・ノースカントリーGCで開催されている、国内男子ツアー第8戦「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」の最終日。連日の曇天、時折り雨がぱらつく生憎の空模様となったが、この日も熾烈なバーディ合戦が演じられ、最終ホールで決着がつく熱戦が繰り広げられた。

優勝を飾ったのは、3打差の通算10アンダー、2位タイからスタートした藤田寛之。初日から調子の悪さを訴え、「今日も、まだ自分に自信が無い状況でスタートした」という藤田だが、前半の7番、8番とピンそば50センチに絡めて2バーディを奪取。「ショットがどんどん良くなって行った」という後半は、11番でバーディを奪うと、15番で再びピンそばに絡めてバーディ。16番でも4メートルを沈めてバーディを奪い、1組前を回る井戸木鴻樹と共に通算15アンダーで並び、最終18番パー5を迎えた。

<< 下に続く >>

3打目をピン手前2.5メートルにつけると、これを沈めてバーディフィニッシュ。大きなガッツポーズを見せ、通算16アンダーの単独首位に立って後続を待つ。1打差で最終ホールを迎えた井戸木も、3打目をピン奥3.5メートルにつけるバーディチャンス。だが、プレーオフをかけたパットはカップを逸れ、この瞬間に藤田の今季初勝利、通算7勝目が決まった。

通算14アンダーの3位タイに、谷口徹宮本勝昌。22位タイからスタートした石川遼は、初日から尻上がりに調子を上げている状態そのままに、次々とバーディを重ねる。一時は首位に2打差まで詰め寄る猛追を見せたが、17番パー4で2打目を池に入れて万事休す。それでも6バーディ、1ボギーの「67」をマークし、通算11アンダーの10位タイに浮上して大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!