ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人が最終戦制す 賞金王はチャン・キム初戴冠

◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日(5日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

単独首位から出た谷原秀人が3バーディ、2ボギーの「69」で回り、通算12アンダーで2020―21年シーズンを優勝で締めくくった。11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来となる今季2勝目、ツアー通算16勝目。最終戦は13回目の出場で初勝利となった。

<< 下に続く >>

3位スタートの宮里優作は2打及ばず、通算10アンダーの2位に終わり大会3勝目、シーズンを通じて白星をつかめなかった。

最終戦で優勝すればマネーキングの座につく可能性があった金谷拓実は最終18番(パー3)でバーディを奪うなど「66」で、通算9アンダー3位でフィニッシュした。

池村寛世堀川未来夢が通算8アンダー4位。星野陸也は7アンダー6位、稲森佑貴は5アンダー8位で終えた。

賞金ランキングトップで大会を迎えたチャン・キムが2オーバー22位で終え、初の賞金王のタイトルを獲得した。キムを追う1番手だった木下稜介は3オーバー26位だった。

<上位陣の成績>
優勝/-12/谷原秀人
2/-10/宮里優作
3/-9/金谷拓実
4T/-8/堀川未来夢池村寛世
6/-7/星野陸也
7/-6/スコット・ビンセント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!