ニュース

国内男子ゴルフパートナー PRO-AMトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大槻智春が完全Vへ首位キープ 石川遼は7位後退

◇国内男子◇ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント 3日目(22日)◇取手国際GC(茨城県)◇6804yd(パー70)

大槻智春が5バーディ、1ダブルボギーの「67」で回り、通算19アンダーで単独首位をキープ。初日からトップを守る完全優勝、2019年「関西オープン」以来となるツアー2勝目へ前進した。

<< 下に続く >>

今大会の目標は“各日4アンダー”。ティショットで風を読み切れずに左へOBとなった15番のダブルボギーが響いて1打足りないスコアだったが、「4日間あったら、1日はこういう日が絶対にある。落胆とかはない」と淡々。優勝への意識も、まだしていないと繰り返す。

出身となる茨城での開催。「茨城で試合があって、それで優勝出来たらうれしいこと。ギャラリーの方たちが入れるようになって、その観客の前でプレーできたらもっと“地元優勝”へのイメージも湧いただろうなあ」と、ちょっぴり寂しさも見せた。最終日に向けては「自分のゴルフをしつつ、獲れるところでバーディを獲っていければ」と冷静に意気込みを口にした。

ツアー未勝利の25歳・和田章太郎がこの日のベストスコア「61」をマークし、内藤寛太郎と並ぶ3打差2位に浮上。今大会がプロデビュー戦となる大西魁斗が「62」でソン・ヨンハン(韓国)とともに15アンダー4位。

5打差3位から出た石川遼は5バーディ、3ボギーの「68」と伸ばしきれず、13アンダー7位に後退した。

国内ツアー初のプロとアマチュアが同組で回るプロアマ形式の大会。決勝ラウンド2日間は予選会を勝ち抜いたアマによるスクラッチ戦も並行して行われ、プロとアマが同じティイングエリアからプレーする。

<上位成績>
1/-19/大槻智春
2/-16/和田章太郎内藤寛太郎
4T/-15/大西魁斗ソン・ヨンハン
6/-14/ショーン・ノリス
7T/-13/石川遼梅山知宏亀代順哉スコット・ビンセント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!