ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

金谷拓実がプロ5戦で2勝目 アマ中島啓太は1打及ばず

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日(18日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

首位で出た金谷拓実が3バーディ、2ボギーの「70」でプレーして通算11アンダーとし、54ホールに短縮された大会を逃げ切って優勝した。昨年10月のプロ転向から、国内ツアー5戦で2勝目を挙げた。全試合でトップ10に入っている。アマチュア時代の2019年「三井住友VISA太平洋マスターズ」を含め、ツアー3勝目。

<< 下に続く >>

75%に減額された優勝賞金1950万円を加算して2020-21年シーズンの獲得額は5589万5000円。賞金ランキングトップに躍り出た。

金谷に続く史上5人目のアマ優勝を目指して2打差3位から出た中島啓太(日体大3年)は1打及ばず、通算10アンダー2位。

大会は出場選手が新型コロナウイルス陽性と判定されたため、17日(土)の3日目が中止となり、競技は72ホールから54ホールに短縮された。

54ホール競技への短縮は悪天候で最終ラウンドが中止された2019年の「ダンロップフェニックス」以来。

<上位の成績>
優勝/-11/金谷拓実
2/―10/中島啓太(アマ)
3/―8/阿久津未来也
4T/―7/大岩龍一大槻智春木下稜介
7/―6/宮本勝昌
8T/―5/小斉平優和石坂友宏

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!