ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

金谷拓実が単独首位に浮上 予選落ち石川遼は弟に1打及ばず

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 2日目(16日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

2打差の5位で出た金谷拓実が1イーグル6バーディ、2ボギーの「65」でプレー。2020年11月「ダンロップフェニックス」に続くツアー3勝目へ通算10アンダー単独首位に抜け出した。

<< 下に続く >>

首位発進の木下稜介が通算9アンダー2位。アマチュアの中島啓太(日体大3年)が「66」でプレーし、8アンダーの3位につけた。

「63」をマークした大岩龍一大槻智春阿久津未来也の3人が7アンダー4位で並んだ。

統合された2020-21年シーズンの賞金ランキングトップに立つ稲森佑貴は、通算イーブンパーの65位。シーズン7戦目で初の予選落ちを喫した。

石川遼は5バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「73」とし、通算5オーバーの120位に沈んだ。弟でアマチュアの石川航(日体大4年)に1打及ばず、ともに予選落ちとなった。

キム・キョンテ(韓国)は新型コロナウイルス陽性と判定され、2日目のスタート前に棄権。パク・ウンシン(韓国)は濃厚接触者と認定され、途中棄権となった。

キムの陽性判定を受け、大会3日目の中止が決まった。

<上位の成績>
1/-10/金谷拓実
2/-9/木下稜介
3/-8/中島啓太(アマ)
4T/-7/大岩龍一阿久津未来也大槻智春
8T/-6/川上優大小林伸太郎石坂友宏G.チャルングン幡地隆寛

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権コース攻略
全米プロゴルフ選手権が20日に開幕。マスターズチャンピオンの松山英樹が4大大会2勝目に挑む。日本からは星野陸也も参戦

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!