ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は34位タイで予選突破! 深堀が1打差に迫る

北海道のザ・ノースカントリーGCで開催されている、国内男子ツアー第10戦「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」の2日目。日中は晴天に恵まれたが、時の経過につれて風が強まり、午前スタート組がスコアを伸ばす展開となった。

通算8アンダーで首位タイに並んだのは、いずれも午前中にスタートした高橋竜彦と、すし石垣。共に「北海道は相性が良い」と口を揃える2人が、明日からの決勝ラウンドを最高の位置で迎える。通算7アンダーの単独3位には、午後からスタートして3ストローク伸ばした深堀圭一郎が浮上。「風が強かったけど、10、11番でうまくパーが拾えた」と、リズムを崩すことなくバックナインでもスコアを伸ばし、2005年以来となる優勝へのチャンスを掴んでいる。

イーブンパーの63位タイからスタートした石川遼は、前半で1ストローク伸ばして後半へ。風が強まった後半はパーで凌ぎ続ける展開となったが、最終18番パー5で3.5メートルのバーディパットを沈め、通算2アンダーの34位タイでフィニッシュ。今季4度目の予選突破を果たした。

通算6アンダーの4位タイには、谷原秀人川岸良兼ら4人。ディフェンディングチャンピオンの谷口徹は3ストローク落とし、片山晋呉と並び通算3アンダーの24位タイ。単独首位からスタートした菊池純は「80」と大きく崩れ、通算1オーバーで予選落ちを喫している。また、尾崎将司が通算イーブンパーでホールアウトし、今季初となる予選突破を果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。