ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

重永亜斗夢が首位発進 1打差に岩田寛 特例出場の今平周吾は44位

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 初日(19日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7042yd(パー71)

重永亜斗夢が6バーディ、ノーボギーの「65」でプレー。2018年「東建ホームメイトカップ」以来のツアー2勝目へ、6アンダー単独首位発進を決めた。

<< 下に続く >>

国内開幕(9月)を待つ間、ずっと1Wの調整を続けていたという重永は「(契約する)キャロウェイのスタッフにめちゃくちゃ動いてもらって、きのうやっと合うのが見つかった」と頼れる相棒をゲットして、全てのピースがはまったという。

前週優勝した香妻陣一朗とは同じ九州出身で、1月には出水田大二郎も加えた3人でハワイ・ワイアラエCCをラウンドした。「ジンがソニーオープン出場を決めたのはうらやましい。自分も優勝してハワイに行きたい」と、同CCで開催される米ツアー出場権獲得に闘志を燃やす。

ツアー2勝の岩田寛が1打差2位。10月「日本オープンゴルフ選手権」を制した稲森佑貴は5バーディ、1ボギーの「67」で回り、出水田、チャン・キム永野竜太郎時松隆光池村寛世らと並んで4アンダー3位につけた。

3アンダー12位に金谷拓実星野陸也谷口徹秋吉翔太のほか、前週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で3位だったアマチュア中島啓太(日体大2年)らがつけた。

メジャー「マスターズ」を経て、入国制限に関する特例で出場している前年覇者の今平周吾は3バーディ、3ボギーの「71」。香妻、片山晋呉、アマチュア米澤蓮(東北福祉大3年)らと並んでイーブンパー44位。

石川遼は1バーディ、4ボギーの「74」でプレー。宮里優作小斉平優和らとともに3オーバー71位と出遅れた。

<上位成績>
1/-6/重永亜斗夢
2/-5/岩田寛
3T/-4/出水田大二郎稲森佑貴永野竜太郎時松隆光池村寛世ほか
12T/-3/市原弘大金谷拓実中島啓太(アマ)、星野陸也秋吉翔太谷口徹武藤俊憲ほか
24T/-2/池田勇太木下稜介宮本勝昌大槻智春河本力(アマ)、杉原大河(アマ)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!