ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

近藤智弘がプレーオフを制す! 地元で勝利を飾る

愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで行われている、国内男子ツアー第3戦「中日クラウンズ」の最終日。通算9アンダーでホールアウトした近藤智弘と藤田寛之がプレーオフに突入し、これを制した近藤が通算4勝目を達成した。

共に2位タイからスタートした近藤と藤田、さらに9番からの3連続バーディで浮上してきた片山晋呉も加わり、11番を終えて3人が通算9アンダーで首位に並ぶ展開となった。その後、藤田が12番でボギー、片山が14番でボギー。17番を終えるまで近藤が単独首位に立っていたが、最終18番で藤田がバーディを奪い、土壇場で追いつく。最後は地元の応援が後押ししたのか、愛知県出身の近藤が地元で嬉しい勝利をもぎ取った。

片山は、14番のボギー以降はスコアを伸ばすことができず、プレーオフに1ストローク及ばない通算8アンダーの単独3位で終了。通算7アンダーの4位タイには、首位の座を守りきれなかった川岸良兼と、鈴木亨のベテラン勢が入った。他、ディフェンディングチャンピオンの宮瀬博文は通算3アンダーの12位タイ。17歳の海外招待選手、タッド・フジカワは、通算4オーバーの48位タイで終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。