ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

武藤俊憲が独走で4年ぶり勝利 今平周吾2位、石川遼3位

2019/09/29 15:56


◇国内男子&アジアン◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 最終日(29日)◇東広野ゴルフ倶楽部 (兵庫)◇7058yd(パー71)

1打リードの単独首位からスタートした41歳の武藤俊憲が「64」でプレー。通算21アンダーで2015年「ISPSハンダグローバルカップ」以来、4年ぶりとなるツアー通算7勝目を手にした。8バーディ、1ボギーとして後続に4打差をつける独走で逃げ切った。

通算17アンダーの2位に今平周吾。首位に1打差から「67」にとどまり、今季初優勝はならなかった。

通算16アンダーの3位に、6バーディ、1ボギーの「66」でプレーした石川遼。通算13アンダーの4位にジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が続いた。

前週の「シンハン ドンヘ オープン」を制したジェイビー・クルーガー(南アフリカ)は通算12アンダーの5位。前年覇者のラヒル・ガンジー(インド)は通算1アンダーの50位で終えた。

<上位の成績>
優勝/-21/武藤俊憲
2/-17/今平周吾
3/-16/石川遼
4/-13/ジャズ・ジェーンワタナノンド
5T/-12/藤田寛之宮本勝昌ジェイビー・クルーガーチェ・ホソン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。