ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

チェ・ホソンがコース記録「62」で首位浮上 石川遼は19位で決勝へ

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 2日目(6日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71)

順延となっていた第1ラウンドに続いて第2ラウンドが行われ、通算12アンダーで終えたチャン・キム(米国)とチェ・ホソン(韓国)が首位に並んだ。6位で第2ラウンドに進んだチェはコースレコードを2打更新する「62」とし、首位発進したキムを捕らえた。2人は後続を4打差に突き放した。

チェは「きょうは本当にパーフェクトでした。一緒に回った(石川)遼さんや、比嘉(一貴)さんが本当にジェントルマンで尊敬しています。気持ち良くプレーできたし、集中できた。2人についているファンが自分のプレーも応援してくれたので、自分も良くなりました」と振り返った。決勝ラウンドに向け「このコースはフェアウェイをとらえることが一番大事だと思っているので、明日以降もそれを心掛けたい」と意気込んだ。

通算8アンダーの3位にガン・チャルングン(タイ)。通算5アンダーの4位に今平周吾ピーター・カーミス(ギリシャ)、パク・サンヒョン(韓国)の3人。通算4アンダーの7位に手嶋多一市原弘大香妻陣一朗正岡竜二岩田寛アンジェロ・キュー(フィリピン)の6人が並んだ。

賞金ランキングトップの石川遼は6位からのスタート。1イーグル2バーディ、5ボギーと出入りの激しい内容で「72」と落とし、通算2アンダーの19位に後退した。

大会連覇がかかる星野陸也は「73」と崩れたが、通算2オーバーの52位で辛くも決勝へ。前週の「RIZAP KBCオーガスタ」で初優勝を飾った比嘉一貴は「75」と落とし、通算4オーバーの79位で予選落ちした。

<上位の成績>
1T/-12/チャン・キムチェ・ホソン
3/-8/ガン・チャルングン
4T/-5/今平周吾ピーター・カーミスパク・サンヒョン

19T/-2/石川遼 ほか
52T/+2/星野陸也 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。