ニュース

国内男子トップ杯東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉が「64」で首位発進 石川遼は25位

◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 初日(27日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇7330yd(パー72)

2013年覇者の片山晋呉が8バーディ、ボギーなしの「64」でプレーし、8アンダーの単独首位発進とした。5月「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦で同伴ゲストに不快な思いをさせたとして出場を自粛し、ツアーに復帰してから5試合目。今季初勝利に向けて最高のスタートを切った。

6アンダー2位にジュビック・パグンサン(フィリピン)。5アンダー3位に大槻智春重永亜斗夢ソン・ヨンハン(韓国)、ウォンジョン・リー(米国)の4人が並んだ。前週「ダイヤモンドカップ」で今季初勝利をあげた池田勇太は、アマチュアの横井優星(福井工業大2年)らとともに4アンダー7位とした。

前年覇者で7月「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」以来の国内参戦となる小平智は3アンダー12位。賞金ランキングトップの今平周吾は、石川遼らと並び2アンダー25位。今季4試合目となる71歳の尾崎将司は9オーバー105位で初日を終えた。

<上位成績>
1/-8/片山晋呉
2/-6/ジュビック・パグンサン
3T/-5/重永亜斗夢大槻智春ソン・ヨンハンウォンジョン・リー
7T/-4/池田勇太ラヒル・ガンジーアンジェロ・キューアンソニー・クワイエル、横井優星(アマ)
12T/-3/浅地洋佑小平智川村昌弘手嶋多一スンス・ハン ほか

関連リンク

2018年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~