ニュース

国内男子ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)の最新ゴルフニュースをお届け

5200万円は誰の手に マッチプレー戦が再開

2018/09/04 12:53


◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝) 事前情報◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇7115yd(パー72)

優勝賞金5200万円をかけた国内唯一のマッチプレー大会が、2回戦まで行われた8月上旬から一カ月ぶりに再開。7人のシード選手(チャン・キムは腰痛により欠場)を加えた31人により、5日間にわたる争いが繰り広げられる。

シードとして3回戦からフィールドに加わるのは、前年優勝の片山晋呉リュー・ヒョヌ(韓国)、今平周吾時松隆光池田勇太スンス・ハン(米国)、ショーン・ノリス(南アフリカ)。片山は藤島征次、賞金ランキング1位の今平は星野英正と対戦する。キムと対戦予定だった沖野克文は不戦勝となり、4回戦への進出が決まった。

前週の「フジサンケイクラシック」でツアー初優勝を飾った星野陸也は、3回戦でタイのラタノン・ワナスリチャンと対戦。1回戦で石川遼を破るなど唯一のホストプロとして3回戦に進んだ塩見好輝は、前年大会2位のヒョヌと対戦する。

賞金総額は2億3000万円に設定され、2位で2500万円、3位でも1600万円を得られる破格の高額大会。賞金タイトルやシード権の行方を左右する可能性もあるだけに、ひとつの白星が大きな意味を持つことになりそうだ。

<主な出場予定選手>
片山晋呉リュー・ヒョヌ今平周吾池田勇太塩見好輝星野陸也時松隆光キム・キョンテ大堀裕次郎深堀圭一郎堀川未来夢

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。