ニュース

国内男子Philip Morris Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

杉本周作、スコアを伸ばす。2差でフランコ!

順位 選手名 通算 合計
1 杉本周作 -13 203
2 C.フランコ -11 205
3 原田三夫 -10 206
3 細川和彦 -10 206
3 尾崎健夫 -10 206
3 横尾要 -10 206
7 溝口英二 -9 207
7 B.ジョーブ -9 207
9 奥田靖己 -8 208
9 深堀圭一郎 -8 208

スコア詳細を見る

3日目は杉本周作が67とスコアを伸ばして首位に立った。2打差で追うのはパラグアイのC.フランコ。前日首位の横尾要はイーブンとして3位に後退。尾崎健夫も同じく3位集団。

杉本周作はボギーなしの5バーディ。「危ないパーが随所にあった。バーディもよく長いパットが入ってくれました」
優勝の意識はまったく湧いてこないという。「3600万円の賞金だからなんて考えていません。もっと安い賞金でもいい。いいゴルフをして1位になりたいです」 そうは言っても、スタートホールでは意識してしまうかも知れない。また「いきなりボギーでも叩いたら、そのときは順位を計算するかも」と言う。正直。

C.フランコが久しぶりにノッている。13番から3連続バーディ。ショット絶好調。「しっかり打てていた。本当だったら65~66で回れる内容だったね」
ボギーを2コ叩いたがその原因は「つまらない3パット」だったそうだ。「後半はせっかく連続バーディで波にのれそうだったのに、上がり3ホールで集中を欠いてしまった。理由はわからないが、とにかく悔しい」 日本での試合は今季これが最後になる予定という。米ツアーを目指している。

細川和彦は「勝ちたい! 若手が頑張っているのが刺激になっている。なにが何でも優勝というんじゃなくて、2位でも3位でもいい。いい試合にもっていきたい」
横尾要はちょっと不本意。「ボギー打ち過ぎ。耐えるゴルフでした。明日に引きずらないようにしないと・・・」
尾崎健夫は出足不調。最後の最後、18番でイーグルがきた。これで71。「何はともあれいいパットで上がろうと思ったら入ったんだ。1回で入れようなんてぜんぜん考えていなかったんだけどね」
明日も混戦になりそうだ。


特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~