ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

中島常幸、トップを飾る!

昨年のチャンピオンはジャンボ尾崎。先週の敗退はちょっとショックだったはずだが、しかし下を向いてはいられない。早いところ立ち直りぶりを示したいだろう。またまた95年96年の優勝者は丸山茂樹。これも大好きな袖ヶ浦CCだけに、もちろん意欲十分。

しかしもう一人いた。過去優勝56回という中島常幸。なぜかこのブリヂストンオープンのタイトルは持っていない。そればかりか昨年、今年とむざんな低迷。ひそかに捲土重来を期していた大選手が、本当に久しぶりに、初日の脚光をあびた。これをキッカケに、かつての強さを取り戻すか。

中島常幸は10番で2メートルを外し、12番で1メートルを外してのボギー。しかし14番でひとつ取り戻し、16番からは3連続バーディ。「パッティングが良かった。けっこう長いのが入ってくれた。やっぱりいいんだと確信が持てた。それが後半につながった」
2番でピン3メートルにつけてイーグル。8番9番でもバーディが来た。新しく使っているカマボコパターがコーライグリーンに合っている。「ミスパットの許容範囲が広い。多少のミスはカバーしてくれると思ったら、やっぱりそうだったね」 トータル66。もちろん初日の首位だ。
誕生日が1954年の10月20日。「ひとつ年をとってひとつお利口になった。というか・・・まだまだ青いね。今年がデビューした年だと思って、優勝に向かって行こうと思ってるんだ。頑張りますよ。明日も明後日も」

尾崎健夫も頑張っている。なんと2イーグル、3バーディ、2ボギー。「久しぶりに自分の持ち味が出た。今年はもう終わりかと思っていたけど、来年のためにもうひと頑張りしよう、なんとか来年に繋げたいと考えた。そう思った矢先にこれだから」
ジャンボは71。可もなく不可もないラウンド。「今週はもう中島と健夫にまかせたよ」 もちろん本心ではない。ジャンボお得意の眠ったふり。これからが正念場だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1998年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。