ニュース

国内男子日経カップゴルフトーナメント中村寅吉メモリアルの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ転落。日下部光隆が大逆転!

早朝からサスペンデットを消化、長い休憩をはさんでスタートしたジャンボ尾崎はインに入って崩れ、まさかの2オーバープレー。69をマークした日下部光隆に4打のアドバンテージをひっくり返されてしまった。日下部は95年のペプシ宇部、97年のカシオワールドに続くツアー3勝目。それにしても、あのジャンボがこうも脆く破れ去るとは・・・。

日下部光隆はなんとか2位狙いのつもりでプレーをしていた。しかし17番を終わった時点でジャンボと並んでいることを知った。「並んでる!とギャラリーが言うんで、まさかと思った。2位に並んでいるのかなと思った」
だが18番のセカンドをミス。アプローチで2メートルにつけた。フックなのかスライスなのかもよくわからなかった。もちろん、これを外せば99パーセント優勝がなくなることは知っていた。「とにかく真っ直ぐ打とうと思った」そのパットがスルリと沈んだ。

同スコアで後から追うジャンボの18番。ティショットはフェアウェイのど真ん中。それなのに「え、ジャンボさんがどうして? なんで?」と日下部も首をかしげるようなグリーン大オーバー。まさかのボギーでジャンボが沈没した。
「まさか今週勝てるなんて思ってもいなかった。プレーオフになったら絶対かなわない。負ける自信がありました」
勝てるとは夢にも思っていなかったから、家にも何も連絡していない。「鹿児島ではテレビ中継していないんです。電話したらびっくりするだろうな」

2位でスタートした今野康晴は75を叩いた。「先週よりも今週の方が落ち着いてプレーできました。来週のブリヂストンも3週連続で最終日最終組でラウンドできればいいですね。自分にとってはすごいことなんで、頑張ります」
先週は最終日に76。今週は75。確かに来週こそは3度目の正直が実現してもいい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1998年 日経カップゴルフトーナメント中村寅吉メモリアル




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。