ニュース

国内男子ジーン・サラゼン ジュンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

今度はフランコ。上位はカタカナ名前だらけ!

コロンビアのエレラやオーストラリアのパリーがやるんならオレも、という感じで今度はパラグァイのC.フランコが首位に躍り出た。初日は9位、昨日は3位。そして今日3日目は首位。明日は誰がどうなるのだろう。

日本人選手では佐藤信人川岸良兼、飯合 肇がなんとか一応は健闘。期待のジャンボ尾崎は27位と低迷だし、丸山茂樹も36位と今週はお休みモードに入っている。

C.フランコは出だしを連続バーディ。また11番からは怒濤の3連続。1ホール休んで15番ロングは2オン2パットの楽々バーディ。続く16番ロングも2Wで2オンで今度はイーグル。ゴルフが楽しくて仕方ない。
「今日はしっかりしたゴルフができた。ミスもあまりなかった。ぜんぶで27パットというのがよかったな」というフランコ。ここ数週間はパットに苦しんでいて、パターの代わりにドライバーを使ったほど。それが元のパターに換えたらケロリと回復した。

今年の暮れには米ツアーのQスクール(テスト)を受ける。「アメリカの方が家から近いから。日本だと飛行機で30時間もかかってしまう」というのが一応の理由。もっとも「合格するのは難しいと思うが、受かっても日本の試合には何試合かでるつもりだよ。友達もたくさんいるしね」とフォローした。

C.パリーはボギー1つ。「今日の天気ならほぼ満足。飛距離の出るほうじゃない自分にとって雨は厳しいからね。2打差? あってないようなものだと思うよ」

関連リンク

1998年 ジーン・サラゼン ジュンクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~