ニュース

国内男子日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯の最新ゴルフニュースをお届け

帰国の丸山、尾崎は順当に2回戦へ

初日の好試合、後輩先輩の対決となった丸山茂樹米山剛はまず順当に丸山の3-2。「完璧です。1アンダーだもん。ロングホールはパーフェクトで3回も2オン。調子がよかったから、当たり前にやれば勝てると思ってました」

結果的には楽勝だったが、内容はけっこう厳しかった。「米山センパイはスウィング変えて、いいゴルフしてました。ボギーを叩いたら流れが変わってしまいそうだったので、気が引き締まりました。いい刺激になりました」 アメリカで体重が2キロ増えたらしい。「腰が重いのは、そのせいかな。上半身と下半身のバランスが悪くなる。マジで、下半身が張らないように注意してます」
明日の2回戦は谷口徹。「気になりません。叩きつぶします」とマルはしごく元気がよかった。

同じくアメリカ帰りの尾崎直道。相手は渋いゴルフの陳志忠だったが結果は4-3と大差。「前半で1番から6番まで1パットでいけた。これが勝因ですね」
アメリカから帰ってくると賞金ランキングは当然のことながら下位になっている。「低いところからのスタートで苦しいけど、そこから抜いていくのを楽しみにやっていきたい」
「明日はきついよね、36ホールと考えると」とも言う。 もう42歳になる。なぜか若いプロと対戦することが多いのだとか。明日の相手は横尾要。「年に1度のマッチプレーだし、楽しみながら若い子との対戦をしたいね」

関連リンク

1998年 日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~