ニュース

国内男子デサントクラシックマンシングウェアカップの最新ゴルフニュースをお届け

優勝はフィジーから来た男、D.チャンド!

「明日も66でプレーできればチャンスはある」と語っていたディネッシ・チャンド。ちょっと計算は狂ったが33-35の68。余裕の初優勝をとげた。加瀬秀樹はインで大きく崩れて7位に後退。2打差の2位には32-34の66と猛烈に追い込んだ田中秀道が食い込んだ。

チャンドは1番2番をバーディで発進。7番10番もバーディとして13番 556ヤードはドライバー、スプーンでつなぎ、残り30ヤードをチップインのイーグル。「16番でボードを見たら4打差あった。これなら上がりをボギーボギーでも大丈夫かなと思った。無理をすると昨日のように失敗するから・・」

思った通り(?)の連続ボギー。最後の18番は加瀬のシャンクを見てしまい、怖かったという。しかし、それでも2位に2打差をつけて余裕で逃げきることができた。
13番でSWが直接入ったとき、優勝を意識した。「勝ちたかった。300ヤード近くは飛ぶのに、どこがいけないのか、どんなところで失敗しているかいろいろ教えてもらって、SW、ショートゲームをいっしょうけんめい練習しました。そうやって練習した成果が、出ました」

こんなに大勢の人の前でプレーしたのは初めてという。「軽く打とうとするとドキドキしてミスしてしまう。だから、思い切り打ちました」と言う。「人が多いのが好き。ギャラリーが多いと心まで広くなるような気がする。今日はギャラリーの前で胸を張って歩けた。」とも言う。

フィジーを出るとき、 「総理大臣」から「頑張ってこい」と言われた。日本人観光客の多いフィジー。これでまたフィジーの名前を少し広めることができた。
「日本で結婚して子供が生まれてから、プロテストにも通ったし、いいことばっかり」というチャンド。嬉しい優勝。言葉だけではなく幼いころから本当にハングリーに生きてきた男が、初めて大きなごほうびをもらった。

「大きい賞金です。ほんと、大きい。奥さんと相談しないといけないですね。今までお金がなくて安いホテルに泊まったり、安いゴハンを食べたり、ほんとうに厳しかった。これでほんとに楽になりました。心配しないでゴルフができます」

関連リンク

1998年 デサントクラシックマンシングウェアカップ




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~