ニュース

国内男子ジーン・サラゼン ジュンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

出た出た! ジャンボ尾崎だ

やっぱりねーという感の2日目。腰の調子が悪くて先週は棄権、今週も出るとか出ないとかいわれていたジャンボ尾崎が痛みをこらえながらの65マーク。たちまち首位に躍り出た。細川なんかに(?)定番賞金トップの座を許しておくわけにはいかない!のだ。
2位も飯合肇尾崎健夫。やっぱりジャンボ軍団とこの試合はなにか因縁がある。

ジャンボ尾崎は8バーディ。最後で初ホギーを叩いての65だった。「ケガの功名だ。今の状態では強く振れない。どう組み立てて攻めるかが問題になる」という。背中もとりあえずはガマンできるが、ホールを重ねるに従ってだっだん張ってくる。全米オープンで痛めたところと同じ箇所らしい。体中、薬漬けの状態なんだという。
「今のスウィングは5割か6割程度。とくにショートアイアンが辛い。でもこのコースには勝利の女神がいるんだよ。ここでカムバック勝利をつかんだこともあるしね」

飯合肇は前半バーディラッシュの30。しかし後半になってぱったり止まり、16番で初ボギー。「ここでは前にトーナメントレコードも出したことがある(95年)。そのイメージでやった。本当はアウトでは29を出したかったんだけどな」

尾崎健夫も同じく16番でボギーを叩いた。「いまいちラインが合わなかった。パットの調子はいいんだけどね。明日は68を目標にやってみるよ。ジャンボ、ジェット、コングのパーティになるといいな。楽しみだよ」

関連リンク

1999年 ジーン・サラゼン ジュンクラシック




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~