ニュース

国内男子サントリーオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

健夫首位。プライスも1打差に

久しぶりに復活・尾崎健夫が上がってきた。故障も治りかけ、まだ騙し騙しのゴルフとはいえ、そろそろ本調子に戻ってもいいころあいだ。ニック・プライスもにきっちり上位につけてきた。

尾崎健夫は出だしの10番でいきなりイーグル。「モーニング・イーグル。シアワセなスタート」だったという。「右ひじは良くなってきたし夏休みが多くてバテそうだった(?)けど、最後までがんばってやる!」
暑さが気になる。体力を消耗しそうなのが気がかりだ。「スペシャルドリンクを3ホールに1回くらい飲む。首筋を冷やす。良く寝る。これが秘訣だね」という。あとは「先にパットをすませて日陰で待ってること」が加われば完璧。

ニック・プライスは9番ミドルで「ボーナスのようなもの」というイーグル。ロブウェッジの93ヤードが入ってしまった。あとは4バーディ、2ボギー。「8番で3打目をオーバーさせてボギーにした後だったから、9番のイーグルは嬉しい。まだ日本での優勝がないからね。いい位置だし、優勝を狙うよ」と早くも宣言した。優勝スコアは10~14アンダーと読んだ。

関連リンク

1999年 サントリーオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~