ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

エレラ首位キープ。渡辺、横尾が追う

1999/06/26 18:00


エドアルド・エレラ、渡辺司はそれぞれスコアを3つ伸ばして順位は変わらず。帰国一戦、気分のノッている横尾要が一気に追い上げてきた。横尾はこの試合でなんとか全英オープン出場権も獲得したいところだ。

コロンビアのエレラはボギーなしの69。「明日は気楽にやりたい。3日間トップにいるってのは素直に嬉しいね」
優勝のかかった選手にしては思い切って攻めた。18番ロングでは3日間を通して初めてイーグルを狙った。3Wで255ヤードを2オン。しかし3パット。「フォローだったから。イーグル賞(100万円)を狙ったんだけど。1.5メートルのセカンドパットはフックだと思ったのに曲がらなかった。弱かった・・・」

渡辺司は最終18番でショットを左に曲げて初ボギー。「もう、本当に今日は・・・」と絶句した。「今日はいい方か悪い方かどっちかに転ぼうと思っていた。それなのにこんな平凡なスコアじゃしょうがない。優勝するんなら、こんなに平凡じゃダメだよ。もっともっと行かなくっちゃダメだ」
明日のことは「明日、考える」と言う。

全米オープンで沸かせて帰国の横尾要がさっそく爆発した。8バーディ、2ボギー。14番16番のボギーがちょっと辛かった。「自覚してないけど、疲れが出てるのかな。体がついていかない。初日2日と長いクラブが振れていなかったんだけど、今朝はようやく汗をかくくらいに多めに練習できた。振れるようになってきました」
今週は諦めかけていたのだが、いろいろな人に励まされたという。今日の66にも満足はしていない。本当はトップタイまで上がりたかった。「明日、天候が悪くなるんですって? なんとか18ホール。あと18ホール消化できる天候になってほしいです」

関連リンク

1999年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~