ニュース

国内男子スーパーマリオよみうりオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2日目は韓国・豪州勢首位。

小雨の降るこの季節にしては寒い日となったスーパーマリオよみうりオープン2日目。トップに並ぶのは10アンダーS.ジンと金鍾徳。台湾と韓国が入替わったものの首位に立ったのはやはり外国勢。2打差をつけられた2位グループは谷口徹飯合肇奥田靖己。前日首位スタートの林根基は7アンダー6位に後退した。

「今日の天気ではこのスコアで満足」とはS.ジン。「長いバーディパットがはいったので、ショットがよくない分救われた」15番ホールは12メートルのパットを沈めた。連続して16番もバーディとし、結果5バーディ、1ボギーで3つ伸ばした。

金鍾徳は7バーディ、ボギーなし。「昨日はミスが多くて寄らなかったが、今日は思うように寄ってくれた」とアプローチが冴えた1日だった。「優勝スコアは18もしくは19アンダーになるんじゃないかな」

「雨が降った割にグリーンはそれほどやわらかくなかった」と飯合肇。実はボールが止まるのを楽しみにして出のだという。「今年は予選落ちが多かったけどいい雰囲気だったんだ」今週ようやく1イーグル、5バーディ、2ボギーで67をマークした。「すごく期待している。勝ちを意識してやってみたい」

今回の競技、主催者推薦枠の出場選手が始めて予選を通過した。細川和彦、夏男・細川和彦の弟だ。ようやく推薦枠が意味を持ったようだ。この日38・34でトータル2アンダーとした細川は「緊張はバリバリありました。またお帰りかな?と思っていた」そうだが、後半になってショットがよくなった。「兄弟で予選を通りたかった」という。残念ながら兄・和彦は4オーバーで予選通過ならず。

アメリカ帰りの宮本勝昌は4オーバーで予選落ち。横田真一はアプルーブドミス(スコアカードにサイン漏れ)の為失格となった。

関連リンク

1999年 スーパーマリオよみうりオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~