ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

原田、陳リード。横山が3位に浮上

第2ラウンドのトップに躍り出たのは8アンダー陳志明と原田三夫。続くは横山明仁。4位には伊沢利光、佐々木久行がつけた。

陳志明は前日3アンダー9位。「ここ最近パターの調子が悪かったのに今週は何だか調子が良い」 後半いきなりのイーグル。96ヤードをSWで沈めた、その後2連続のバーディと好調なすべりだし。「今日は風がなかったのでスコアが伸びたんだと思う」 1イーグル、6バーディを決め一気にリード。

「コウライグリーンでこんなにいいスコアを出したのは初めて」と前日9位の原田は、6バーディを沈めた。「他にもバーディチャンスはあったが今日の結果には自分自身大満足」 昨日はアイアンが悪かった原田だが「好調の秘訣は普通の調子にもどったアイアンのせい」という。しかし川奈は終盤難しいホールが連続する。 「まだ優勝は意識できない」

17番で取れると思ったバーディチャンスに逃げられ、18番は自分でも「ゆるんでしまった」というパーパットミスで1ボギーとしながらも横山は64をマーク。「64というスコアは自分の記憶にもないほど久々」 シーズンオフの間の練習で左ひざを痛めた横山だが「この2週間休めたのでよくなってる」

初日の上位は後退。佐々木久行は4位、S.コンランは6位とした。ジャンボは1オーバー42位、中嶋常幸は75を叩きトータル4オーバーで予選通過ならず。

関連リンク

1999年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~