ニュース

国内男子日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯の最新ゴルフニュースをお届け

佐藤信人、芹沢信雄などベスト8へ

2回戦が終わり、16人が半分に絞られた。勝ち残ったのはR.バックウェル(オーストラリア)、芹沢信雄、横尾要D.スメイル(ニュージーランド)、佐藤信人谷口徹室田淳飯合肇の8人。明日の準々決勝はバックウェルと芹沢。渋く格調の高いマッチになりそうだ。そして横尾にはスメイル、佐藤vs谷口の組み合わせも面白い。そして室田には飯合肇

佐藤信人に破れた桧垣繁正「マッチプレーは今年で3回目。昨日始めて1アップして勝てたんですが・・。プレーオフも2回負けてます。苦手とか難しいというより、自分が強くならないといけないんですが・・」

<< 下に続く >>

「昨日のプレーも良かったが、今日はもっと良かった」とバックウェル。一方スメイルは「昨日より悪かった。明日の3回戦に勝ったら36ホールやることになるけど、そんなのプロになって初めて。あまり体は鍛えてないが決勝までは進みたい」

谷口徹は後半に入ってから4ホールをストレートに取った。「まだボギーがない。アイアンはまずまず。余裕をもって、焦らず、18番までもつれて最後に勝つような気持ちでプレーしてます。ボギーを叩かないこと。相手にバーディ取られるのは仕方ない」

明日、谷口は佐藤信人と対戦。「佐藤さん、いま1位ですから楽しみです。やりたいなぁと思ってました」

(注) マッチプレーの結果で2-1(2エンド1)とは1ホール残して(17番で)2アップの勝ち。19H 1upはエキストラホール19番ホールで勝負が決まり1アップ勝利の意味です。18番で決着がついた場合は1up、あるいは2upとなります。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!